わんこの毎日

やんちゃでハイパーなグレートデーンさくら、そこへ新しくグレートデーンの男の子がやって来ました。これからどんな毎日を繰り広げるのでしょうか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチッとな。

今日は7年前に亡くなったてつの誕生日です。
生きていれば16才、随分とおじいさんですね。

そんなことで今日はてつの話を。

てつはきのう書いた病院で去勢手術を受けました。
ここの先生は腕はいいんだけど、ちょっとアバウト(?)な先生なんです。

手術が終わって迎えに行った時。

私   「先生、抜糸はいつくればいいんですか?」

先生  「いや、もう来なくていいよ」

私   「え???」

先生  「治れば自分で噛んだりして取るからこのままにしといていいよ」

うそでしょー!!!そんなー!!!
普通は抜糸もするでしょう!

と思いながらも先生がそう言うのならとしぶしぶ帰る私。

暫くは傷を見るのも怖いので、ほっときましたが、
そのうち、糸の事も忘れてしまい (何という飼い主)
何ヶ月かたった頃、ふと気が付き、もう取れているやろと見てみると・・・・

あるー!!!
まだあるー!!!

一度気になったらもう頭から離れない。
この後私がしたことは?・・・

てつが寝ている時にこっそりお股を広げて、息を殺してハサミでプチッと切断。
身を切ったらどうしようと思うとあ~怖かった。

でもこれに気づいたてつは二度とはやらせず、糸をつけたまま天国へ行ってしまいました(笑)

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

COMMENT

先代ワンコの事って忘れられませんよね!
私も4年程前に亡くなった黒ラブの事を昨日の事のように覚えています!
てつくんも ももちゅわんさんに出会えて幸せな人生(犬生?)だったと思いますよ♪

それにしても 糸ついたままなんて・・・
”ぷちっ”を想像すると・・・ドキドキしますね^^;)

●ことぶきママ さん

そうですよね、ふと、こんな時はこうだったとか、
あんな時はどうしてたとか思い出されますよね。

とても辛い別れがありますが、わん達のことは
ずーと心の中にあります。

先生あんまりですよね(泣)
てつの糸を切るときはソローリ、ソローリと毛をかきわけて、
失敗は許されないので一瞬でプチッとです。
ほんと怖かった (||||゚ _ ゚ ;)

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ももちゅわん

Author:ももちゅわん
わんこ大好き、特にグレートデーンには心底惚れ込んでいます

愛犬は
悪戯大好きの2代目グレートデーンの「さくら」 
H18年5月15日生まれ

おっとりゆっくりのグレートデーンの男の子「ふう」
H20年8月28日生まれ

里子でやって来たミニチュア・ダックスの女の子「ルナ」
H18年8月30日生まれ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。