わんこの毎日

やんちゃでハイパーなグレートデーンさくら、そこへ新しくグレートデーンの男の子がやって来ました。これからどんな毎日を繰り広げるのでしょうか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階段の思い出

わんこ達の写真を見ていたらこんな写真を見つけました



“ 階段に座るジョイ ”

階段にて



身軽なジョイは我が家で唯一、二階へ上がることが出来たわんこでした


「 あれ?ジョイがいない 」と思ったら二階のかあちゃんのべッドでお日様にあたりながら寝ていたり

またある時は暑がりだから涼しい階段のど真ん中でデーーーンと寝てたりと・・・・
( 丁度この座っている場所 )


こんな所で寝られたら 非常に邪魔 なんです

たくさんの洗濯物が入ったカゴを持ってジョイを除けながら降りるかあちゃん

もし落ちたらどうするの!! と、いつも思いながら降りていました  (-_-; 

 


そしてこの階段を登ってやるジョイの面白い行動があります

それは子供達の部屋を一部屋づつ回りドアの隙間に鼻をくっつけて「プッシュー」と鼻息をかけること



娘が言うには階段を登る足音や廊下を歩くカツカツという音でジョイが2階へ来たなと分かり
そのうちにこの「プッシュー」が聞こえてくるそうです

このプッシューの意味は分かりません・・・・  が


鼻をくっつける意味はかあちゃん、まる分かりです


その意味とは


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

ジョイの命日

今日はジョイの命日です


命日だというのにこんな写真しかない・・・・(泣)
Apr03$22.jpg



17年前の都会からの引越の際に、念願のわんこが飼えるということで
飼い始めたジョイ

当時、ハスキーブームの後半ぐらいだったと思います

何故ハスキーを選んだかというと・・・・

私は引越す前までは、わんことは無縁の生活をしていたので
当時ハスキーブームだとは全然知りませんでした


そんな生活の中で、ある日1匹の散歩中のわんこに出会ったのです

そのわんこは飼い主さんのウォーキングに付き合い
凛とした姿で飼い主さんの横にぴったりついて向うから歩いて来ました

そのとても精悍でカッコイイ姿!!
こんな素晴らしい犬がいるのかと、私はすぐに一目惚れしてしまいました

でも飼うことの出来ない私は諦めるしかありません

ところが田舎に引越すことになり
念願だったわんこがやっと飼えるようになったのです

私はまっ先にこのわんこのことを調べました

そして初めて、このわんこがハスキーだと分かったのです (知るのが遅すぎますね 笑)

もちろん、飼うのはハスキー以外は考えませんでした


ハスキーはよくバカだと言われますが、けっしてバカではありませんよ
ちゃんと訓練すれば覚えるし、性格も温和なので扱いやすい子です


唯、マイペースなので、余り自分の興味のないことはしない・・・
という性格だからそう思われるのでしょうか
そんな性格なのにバカだと思われるのは悲しくなります


ジョイとの生活は
小学生以来のわんこだったので、色々と一生懸命勉強しながらで
笑ったり、怒ったり、悩んだりと、とても楽しい生活でした




でも、いつかはお別れが来ます

続きを読む »

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

トンカツ

ジョイは顔に似合わず、頭の中は食べることがすべてのわんこでした。
食べることに関しては、さくら以上にすごかったかもしれませんね。

Apr01$06.jpg


おまけにさくらと違い、知恵があるので油断出来ないんです。(笑)

私達のご飯は何時もコタツで食べていたのですが、
私が座っている時は大人しく横にいるのに、
(と言っても、くれくれビーム満載ですが)
私が何かを取りに席を立つと「鬼がいないから今のうちや!」と言う感じで、
すかさず「サッ!」とおかずを横取りしようとするんです。

相手を見ているんでしょうか、いつも子供の横にいるので、
よく子供がターゲットにされていましたね。


12才   亡くなる前の年です  もうおばあちゃん顔ですね

Apr03101.jpg


また散歩コースに肉屋さんがあって、
ここのおばちゃんが可愛がってくれて、よくトンカツをくれるんです。

ほんとは人間の食べ物はやりたくないのですが、
やらないで下さいとも言えなくて・・・

だからこのおばちゃん(トンカツ?)が大好きで、
店の前を通るときは「おばちゃん、いるかな?ジョイ来たで~」と
必死でアピールして動かないので、ほとんど引きずり状態で通っていました。

続きを読む »

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

ジョイのドッグショー

ジョイが2、3才の頃、知り合いにジョイをドッグショーに出してみないかと誘われました。
ドッグショーなど見たこともない私は、色々な犬が見れるということで
ど素人のくせに無謀にも、ジョイを出場させたのです。

当日は天気もよく、車で1時間の会場に到着。
会場にはすばらしい犬達がいっぱいで「すごい!すごい!」を連発しながら見ていました。

いよいよジョイの出番になり、ドキドキしながら見ていると、
ハンドラーさんに連れられたジョイが出てきました。

歩行は?    まあフツーに歩いています・・・・。
ステイは?   なんと
ハンドラーさんがポケットから取り出したおやつをジョイに見せると・・・・

即、おすわりをしました(ヒェ~)。

当然ショーに出る為の躾けなど入っていないジョイには、
   おやつ=おすわり
という方式が頭にインプットされているので、おやつがある限り、すわり続けます。

他の犬達はかっこよくポーズをきめているのに、
1匹だけきれいなおすわりをするジョイ。

これ以来、ドックショーとは無縁の我が犬達です。

ジョイ(シベリアンハスキー)

Scan16.jpg

ジョイは人間みたいなコでした。
たとえば

私はおやつを必要以上にやらなかったので、
狙う相手は主人。
私が出かけると、今まで寝ていたジョイがおもむろに
ムクッと起き出し、
主人の周りでジタバタ、ジタバタ強烈にアピール。
私から「これ以上やったらアカン」と言われている主人は
じーと耐えています。

そうこうしている内に、
私が帰って来た音が聞こえるとスーと離れ、
何事もなかった様に寝たふりをしていました。

たまに忘れ物をすぐに取りに帰ると、
「ハッ、しまった。もう帰ってきてしもた。」とバツが悪そうな顔をしていました。

そんなおもしろい事をするジョイも
何年も心臓の薬を飲みながら、
13才5か月、
最後は寝たきりでしたが、老衰の為、虹の橋へ行きました。

デジカメで撮った写真ではないので、パソコンオンチの
私には加工するのがなかなか出来ません(泣)。
他の画像は出来次第載せようと思います。(できるのか?)

プロフィール

ももちゅわん

Author:ももちゅわん
わんこ大好き、特にグレートデーンには心底惚れ込んでいます

愛犬は
悪戯大好きの2代目グレートデーンの「さくら」 
H18年5月15日生まれ

おっとりゆっくりのグレートデーンの男の子「ふう」
H20年8月28日生まれ

里子でやって来たミニチュア・ダックスの女の子「ルナ」
H18年8月30日生まれ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。